医療と介護の負担が高額になったとき(高額介護合算療養費)

世帯内で医療保険と介護保険の両制度を利用し、年間(8月1日から翌年7月31日までの12月が計算期間)の自己負担額の合計が高額になったときは、次の自己負担限度額を超える額が支給されます。

表1 70歳未満の組合員
負担区分 医療保険+介護保険
上位所得者 Ⅰ 212万円
上位所得者 Ⅱ 141万円
一般 Ⅰ 67万円
一般 Ⅱ 60万円
低所得者 34万円
表2 70歳以上75歳未満の組合員(高齢受給者)
負担区分 医療保険+介護保険
一定以上所得者 67万円
一般 56万円
低所得 Ⅰ 31万円
低所得 Ⅱ 19万円
(注)
(1) 対象となる世帯に、70歳から74歳の者と70歳未満の者が混在する場合には、(1)まず、70歳から74歳の者に係る自己負担額の合計に70歳から74歳の自己負担限度額が適用された後、(2)なお残る負担額と、70歳未満の者に係る自己負担額の合計とを合算した額に70歳未満の自己負担限度額が適用されます。
(2) 表2について、平成30年8月から、負担区分や自己負担限度額の変更があります。

共済組合のご案内

長期給付事業

各種申請書等ダウンロード

こんなとき、こんな手続き